スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆虫3

これは何でしょう?
dis para 1s

答えは、条虫の頭節です。
何を想像しましたか?
アナタは欲求不満ではありませんか?

というのは冗談です。
この亀〇の上下にへこんで見える部分があります。ここで腸壁にくっつきます。

さて、今回はプラジカンテル剤「Sera社トレマゾール」の使い方を書きます。

まず、製品名(Product name)と一般名(Common name)と有効成分(Active ingredient)の違いを覚えましょう。
人間用の薬を見るときも役に立ちます。
私が使ったSera社のTremazolを例に説明します。

製品名:ブランド名です。ie.トレマゾール(Tremazol)
一般名:有効成分+濃度+剤型が基本です。どんな剤なのかが一目でわかります。
    ie.プラジカンテル7.47%液剤(Praziquantel 7.47%L)
有効成分:薬効の主体となってる成分名です。ie. Praziquantel

次に、主要な寄生虫と有効な薬の組み合わせについて。
覚えておくといざというときに役立ちます。

条虫、吸虫 :プラジカンテル
回虫、線虫 :パモ酸ピランテル
原虫 :メトロニダゾール

魚へのプラジカンテルの使用法は、餌に混ぜて食べさせる方法と水に溶かして経皮吸収させるの二通りです。
条虫には経口がベストですが、トレマゾールしか手に入らなかったため、経皮吸収させることにしました。

方法は、いたってシンプルです。
水に溶けやすい製剤のため、簡単に混ざります。

1.処理する魚を処理用水槽にまとめる。
2.水槽水100Lあたり6.6mLのトレマゾールを混ぜる。
3.6時間ほど放置する。
4.魚をもとの水槽に戻す。
5.12時間ほど経過すると虫が出はじめます。
  ハンバーグなど腹にたまる餌を与えると、虫の排出が促進します。

注意点は2点。
1.飼育水槽で処理しないこと
  有機溶媒(おそらく安息香酸のエステル)が樹脂を溶かします。
  スポンジ・ゴム・ガラス水槽のパッキン、アクリルなど要注意。

2.エアレーションを強めにすること
  溶媒に麻酔作用があります。
  魚の麻酔にクローブオイルを用いますが、似たような作用があります。
  空気をたくさん送って、魚の目を覚ませてあげます。

ちなみに私は飼育水槽でやってしまいました。
処理後、スポンジはベタベタ、ゴムも劣化しました。
水槽のパッキンがダメになっていると怖いので、すべて買い換えることにしました。
バケツや要らない水槽で使うのがベストと思います。

なお、この製剤は、鰓の吸虫がメインターゲットの剤です。
条虫には、バイエルのハダクリーンをハンバーグに混ぜて食べさせるのがベスト思います。
次回はこれを試してみようかと考えてます。

条虫駆除後、餌食いが落ちて痩せていた魚(前々記事で小さい虫を大量排泄していた個体)が大量の虫を排泄しました。
同個体は食欲が復活し、太りだしています。

10cmほどの虫を大量に排泄した個体。駆虫後、食欲が増強しました。
DSC04842s.jpg

こいつからは何も出ませんでした。
DSC04851s.jpg

冷凍ディスカスハンバーグはランキングに参加中です!
ランキングへは下のリンクからどうぞ!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村
みなさまの応援が冷凍ディスカスハンバーグのモチベーションに!!

冷凍ディスカスハンバーグ | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

駆虫1

今回の記事はグロテスクな内容です。
寄生虫の話です。
苦手な方は読まないようにお願いします。

1週間ほど前、飼育中のディスカス2個体が尻から条虫をぶら下げているところを目撃しました。
駆除するために、飼育中の全個体をプラジカンテルで処置。
処置の方法・条虫についてなど詳しくは次回。
(出張に出るので次回更新は11月後半以降です)

処置直前。水槽一つに全飼育魚をまとめました。
壮観です。
DSC04683s.jpg

プラジカンテル処理12時間後・・・
以下、サムネイルにて。
お好きな方はクリックで拡大してください。

細くて長い虫を大量放出中です。
どこにこれだけ虫を飼ってたんですか!
先端の丸くなっているところが虫の頭と思われます。
DSC04709s.jpg
DSC04832s.jpg
mushi1.jpg
DSC04764s.jpg

ごん太。節がはっきり見えます。
さぞ卵をまき散らしていたことでしょう・・・
尻尾の側から排泄されています。ちなみに条虫は尻側から成熟して、卵をまきちらします。
DSC04821s.jpg
DSC04826s.jpg

!!!
小さい虫が大量に!!
これは条虫??
さすがにキモいです。
DSC04746s.jpg
DSC04777s.jpg

現在、20時30分。
未だに虫を出し続けています。
1時間30分後に水替えをします。

虫は死んでるはずだけど、水の中は卵がいっぱいだろうなあ。
人間には寄生しないってわかってるけど、さすがにちょっとキモいなー。
水替えしたくないようー。水槽に手を入れたくないー。

皆さんのディスカスは大丈夫ですか?

冷凍ディスカスハンバーグはランキングに参加中です!
ランキングへは下のリンクからどうぞ!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村
みなさまの応援が冷凍ディスカスハンバーグのモチベーションに!!

冷凍ディスカスハンバーグ | Facebookページも宣伝

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ディスカスの病気2

ディスカス病ディスカスエイズ)らしき病気の発生原因と予防策の考察です。

実は最初の発病魚がでる4日前に魚を一匹導入しました。
コイツは投薬後に体色が暗化した以外はずっとピンピンしていまして、ほぼ間違いなくキャリアだったとみています。

発症2日後の写真ですが、左の元気にヒレをピンと張っている個体がそれです。
DSC04105s.jpg

計4タンクのうち2タンクを成魚用、残り2タンクを幼魚用としています。
当時、成魚は週2度の40%換水、幼魚は毎日80-90%換水で管理していました。
濾過はタンクごとにすべて独立しています。

導入個体は、プロショップの魚で、ショップではこの前も後も病気は発生しておらず健康そのものでした。
信用できるショップでしたので、メンテナンスはせず、直接幼魚水槽に導入。
3日目まで問題ありませんでしたが、1日水替えができない日があり、片鰓の魚がでました。
そこで、グリーンFゴールドを投入したところ、その2日後から発症しました。

以上が、発症までに水槽に手を加えたこと。

各タンクの発病状況につき、
最初に病気が発生したのは、新魚を導入した幼魚タンク。
発症から3日後にもう一つの幼魚タンクに飛び火。
(換水時に水が飛んだか、エアレーションで水が飛んだのでしょう。こちらは早期の薬投入で少数死亡で済みました。)
成魚タンクは発病がなく、完全に無事でした。

以下、仮説です。
1.病原を持ち込んだのは、新規導入魚
2.ショップでは、病原が常在菌と化しており、ショップの魚は発症しない
3.病原は、元々うちのタンクにはなかったもので今回がファーストコンタクト
4.水替え頻度が高く、常在細菌類が少ない水槽に抗生物質を投入した結果、抑えがなくなって病原が爆発的に増殖
5.病原は、グリーンFゴールドに耐性があるか、元々効かない類の物
6.最終的に殺菌剤、抗生物質で抑え込むことができたため、細菌か真菌が病原

成魚水槽は病気が発生しませんでした。幼魚水槽との違いは、水の安定具合(水槽内の常在細菌類が安定している)と思います。

病原は外来の物で、新魚の導入が一番注意を払わなければならないものです。(油断禁物)

病気の予防策(教訓)は、以下です。
・導入水槽は立ち上げたばかりのものでなく、魚をしばらく飼い込んで常在菌層が安定したものとする。
・導入直後に抗生物質、殺菌剤を使わない。

現状、幼魚タンクは、2日毎に50%換水に変更しています。

ピオワルロート×ブルーマックスを撮ったものですが、導入魚も写り込みました。
導入魚は形も良く、青が濃い個体に成長しそうで、ポテンシャルが高い幼魚です。
DSC04145s.jpg
DSC04146s.jpg

ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ディスカスの病気1

ディスカスの病気の話です。

これまでのところ、軽度の鰓病を除いて、病気も発生させずスクスク育ててきましたが、不注意から重度の病気を発生させてしまいました。

症状は、
・ひれをたたんで水槽の端に集まる
・体色が黒化
・多量の粘液分泌
・体表のただれ
そして、水槽水の異臭でした。
症状はうわさに聞くディスカス病ディスカスエイズ)に酷似しました。

少数の個体に症状がみられた時点では、水が悪いのかな?程度に思い、なんとも判断がつきませんでした。
結果、複数魚に症状が発生してから、対応をスタートすることになりました。

(1日目)水槽水が異臭を発していたため、全水交換。
(2日目)再び全水交換。
     某熱帯魚ショップに症状を相談したところ、薬とピートの投入を進められた。
     また、水交換を控えるようにアドバイス受けた。
     以後、水交換をストップ。
(3日目)薬とピートが届き、投入。薬の光分解を避けるために常時消灯。
(4日目)特に弱っていた個体、数匹が死亡。
(5日目)薬投入2日目。水が白濁。症状が軽かった個体が泳ぎだした。弱っていた個体が死亡。
(6日目)半数以上の個体がひれを開き、泳ぎだした。赤目が消失し、体色は暗化したままであった。
     1/5量の水替え。
(7日目)以降、毎日、半分以上の水替えを実施。給餌を再開。

7日目以降も何匹かの個体が死亡し、最終的に半数を失ってしまいました。
生き残った個体は急速に回復し、14日程度で体色も戻りました。
今回のケースでは、発症が早かった個体は死亡し、逆に遅かった個体は早期に回復しました。

この病気は、相当に進行が速い劇症です。発症からの早期対応が明暗を分けました。
ちなみに今回の治療は、殺菌剤複数種と抗生物質の混用でした。
某ショップはディスカス病の治療に定評があるお店です。

次回は、病気の原因考察と予防策提案をやります。

(発症後2日目)1匹を除いて、全個体が発症。写真は水交換後の様子。
DSC04102s.jpg
DSC04103s.jpg
DSC04104s.jpg
(発症後6日目)半数以上の個体が泳ぎだしました。写真は水交換後。
DSC04111s.jpg
(今日現在)生き残った個体は病気などなかったかのごとく、元気に成長しています。
DSC04143s.jpg

ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ディスカスのケガと対処

実は太平記のdvdを大人借りして見まくってます。
昔の大河ドラマは話もしっかりしてるし、最近のより出来が良いじゃないですか。
しっかりしろ、お江!

さて、今回はディスカスのケガです。
うちの魚達は餌の時間にけっこう暴れて、しょっちゅうケガしてます。
ヒレやぶれたり、鱗がハゲたり。

そんなときは~どうしたら良い~?

放っておけば良い!が結論です。

うちの魚は毎日のようにどこかケガしてますが、3日もすれば完治してます。
ディスカスは非常に強い魚です。

最近の大きなケガ
1㎝ほどの深さで背ビレが裂けています。
DSC02128s.jpg
翌日、裂け目の最深部が癒着してきました。
DSC02151s.jpg
2日後、裂け目がほぼ塞がりました。ヒレの外縁に痕跡があります。
DSC02160s.jpg
3日後、痕跡も消え、きれいに完治。
DSC02166s.jpg

身体の傷も同じようにあっという間に治ります。

ところで、ここであることに気付きました。
ヒレが癒着したということは、魚のヒレって生きた細胞だったのですね。
爪とか髪みたいなタンパク質の塊だと思ってました・・・orz。



ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ





プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。