スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルドディスカスの産地と分類2

ご無沙汰しております。
年末行事でついつい更新が滞ってしまいました。

前回のつづきで、別著者による分類の論文を紹介します。

Izeni Pires Farias & Tomas Hrbek, 2008. Patterns of diversification in the discus fish (Symphysodon spp. Cichlidae) of the Amazon basin. Molecular Phylogenetics and Evolution 49 (2008), 32-43

この論文もやはり、アマゾン川からディスカスを採集して、ミトコンドリアDNAの相同性を調べています。
前論文よりもサンプルが多く、24地点から採集した334個体を調査しています。1地点あたり14個体です。

まず、筆者は外観の特徴による分類と生息域について、下記の通りまとめています。

  1.Symphysodon discus
    一般名:ヘッケルディスカス
    生息域:Negro river, Trombetas river
  2.Symphysodon discus willischwartzi
    一般名:Abacaxiディスカス
    生息域:Abacaxis river
  3.Symphysodon aequifasciatus haraldi
一般名:グリーンディスカス
生息域:アマゾン川西域(Javari, Ica, Japura, Jutai, Juruaなど支流含む)
  4.Symphysodon aequifasciatus axelrodi
    一般名:ブラウンディスカス
    生息域:アマゾン川東域(Uatuma, Madeira, Tapajos, Trombetas, Paru, Jari, Tocantins)
  5.Symphysodon aequifasciatus aequifasciatus
    一般名:ブルーディスカス
    生息域:アマゾン川中央域(Purusなど含む)

一つポイントはグリーンディスカスブルーディスカスの学名が一般書籍と逆になっています。
また、グリーンディスカスがtarzooでありません。

これらのグループをミトコンドリアDNAの相同性で並べてグループ化すると、下記の通りです。

  ①ヘッケルディスカス、ブラウンディスカス、Abacaxiディスカス
  ②グリーンディスカス
  ③ブルーディスカス
  ④Xingu riverのディスカス

サンプル数が多い分、先回の論文よりも信頼度が高いと思います。
繁殖の組み合わせを考える上で役に立つかもしれません。


ここで、久々に稚魚の近況です。
ブルーマックス×ピオワルロートの稚魚です。だいぶディスカスっぽくなってきました。
発色はステップバイステップながら、体型がとてもイイです。
今後の成長に期待です。
詳しくは、またアップデートします。

DSC03652s.jpg

DSC03656s.jpg

さて、2012年のアップデートは今回が最終回と思います。
来年はもう少し更新頻度をアップしたく考えています。2013年もよろしくお願いいたします。
それでは、皆様、よいお年を。




ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。