スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌はハンバーグが良いか?アカムシが良いか?

ディスカスの餌と言えばハンバーグ、アカムシ、人工飼料が3種の神器です。
愛好家はこれらを駆使して魚を育てます。

DSC02172s.jpg

では、どれを与えれば良いんですか?という話です。

先人達の記録では、メインはアカムシ、補助がハンバーグというのが一般的らしいです。
重量にして、ハンバーグ:アカムシ 1:3~1:2くらいがふつうで、多くても1:1くらいでしょう。
これは、おそらくハンバーグによる水の汚れを考慮してのこと。
単純に栄養価を比べれば、当然、ハンバーグに軍配があがります。
消化しやすいタンパク質の塊ハンバーグ。かたや、クチクラだらけで消化しにくいアカムシ。
魚を育てるなら、断然ハンバーグ!これは明らかです。
しかし、栄養価が高いということは、バクテリアもいっぱい増やすということ。
おまけにバラバラに崩れて水に浮遊するのがハンバーグの宿命。
水の汚れ方はアカムシの比ではありません。

じゃあ、人工飼料の立場はというと、栄養価はアカムシ以上、ハンバーグ未満。
当然、水の汚れもアカムシ以上、ハンバーグ未満。
特筆すべき点は、餌食いの悪さ。おそらくまずいのでしょう。
同じように飼育しているのに人工飼料をまったく食べようとしない個体がいます。

以上、私見をまとめると、

         ハンバーグ アカムシ 人工飼料 
  栄養価    ★★★   ★☆☆  ★★☆
  水質維持   ★☆☆   ★★★  ★★☆
  餌食い    ★★☆   ★★★  ★☆☆

餌選びとは、
餌食いを重視するか?水質の維持を取るか?魚の成長を重視するか?
だと思います。

ちなみに、うちは魚の成長を重視です!
水汚れてもこまめに水替えすれば良いんだもんね!
うちのあげ方は、

  7:30頃   ハンバーグ2に対し、アカムシ1
  13:00頃  タイマーで人工飼料
  帰宅後   ハンバーグのみ
  23:00過ぎ ハンバーグ2に対し、アカムシ1

1日分の比率は、
  ハンバーグ:アカムシ:人工飼料=3:1:0.2
魚もバクバク餌食べ、問題なしにグングンでかくなってます。

ところで、なぜハンバーグオンリーにしないのかと言いますと、魚はアカムシが大好きだからです。
ハンバーグの後でアカムシが来ると覚えさせることで、俄然、ハンバーグの食いが良くなりました。
アカムシはデザート。アカムシは別腹と言ったところです。

このパワーフィーディングによる魚の成長は定期的に更新していきます。


ここ最近、成長が著しい個体
ラインの赤が鮮やかで成長に期待してます。この個体は見る度にでかくなってるような気がします。
DSC01971s.jpg

餌前の風景
いつもの時間になると餌クレクレと水面で体を震わせます。

DSC01968s.jpg



ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。