スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生ハンバーグと加熱済みハンバーグ

ハンバーグはレンジで解凍して与えたらいいのか?加熱調理はどうか?とのコメントをいただきました。

1.解凍について
これはわざわざ解凍する必要はないか、と考えます。なぜなら、30℃の水中に冷凍ハンバーグを投入すればすぐに解けるからです。一口大に切った場合、ディスカスが口に含むときには解け切っているように見えます。私は凍ったまま水槽に投入しています。

プロショップの給餌風景を拝見しますと、目分量で塊のまま水槽に投下する方がほとんどのようです。プロの方々は水替え・糞取りのメンテナンスを日々しっかりなされています。多少ハンバーグが散らかろうが問題ないのだと思います。私の場合、なるべくメンテナンスで楽したい、水槽が少々過密状態という2つの事情が相まって、今の給餌スタイルをとっています。(2011年6月14日付け「ハンバーグの与え方」をご覧ください)


2.加熱調理について
生ハンバーグと加熱ハンバーグを較べてみました。
加熱調理の手順は、
  ・凍ったままのハンバーグを3cm×4cmのサイズにカット。
  ・冷凍状態のままプライパンに投入。加熱。プライパン表面温度は100℃前後。
  ・焼き加減はミディアム!

左が加熱調理済みハンバーグ。ハツを焼いたときと同じニオイがしました。
DSC02624s.jpg

これを一口大にカット5mm×5mmくらいが目安。加熱後は柔らかくなっているため上手く切れませんでした。左:加熱後ハンバーグ、右:冷凍ハンバーグ
DSC02626s.jpg

この加熱調理ハンバーグを水槽に投入すると、

             !!!!!
DSC02629s.jpg
DSC02632s.jpg

水中で餌がバラバラ。つなぎの入っていないハンバーグです。生食用です。加熱すればバラバラになります・・・
ディスカスが口に含んだ後、噴き出しまくっていたのも一因。そして、底に沈んだ餌は放置気味・・・
いつもの餌と味・ニオイが違うため、違和感を感じているのかもしれません。食べ残しはプレコがキレイにしてくれました・・・



後日の風景。いつも通りの冷凍ハンバーグです。
DSC02636s.jpg

餌は塊のまま沈下。着底前にほぼ全て胃袋の中へ。
DSC02638s.jpg

食後の風景。ハンバーグの残骸は少ないです。
DSC02641s.jpg



結論として、私は冷凍のままのハンバーグが優れると考えます。
  ・前処理の手軽さ       冷凍>加熱
  ・カットなど加工のしやすさ  冷凍>加熱
  ・水中でのバラけにくさ    冷凍>加熱
  ・嗜好性           不明。馴れがあると思います。

ところで、飼育者たるもの餌の味を知らなければならないとの信念の元、この機会に試食してみました。
私は生の方が好みです。ほのかなニンニクの香味がアクセント。脂肪分・塩・コショウを混ぜ、少し粗挽きにしてごはんにかければ、帯広名物牛フレーク丼に近いものになるでしょう。



ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                   にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ


ads by amazon.co.jp
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【生ハンバーグと加熱済みハンバーグ】

ハンバーグはレンジで解凍して与えたらいいのか?加熱調理はどうか?とのコメントをいただきました。1.解凍についてこれはわざわざ解凍する必要はないか、と考えます。なぜなら、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。