スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水温と稚魚の成長

かなり久々の更新です。

いったい何をしていたのかと言えば、繁殖で苦心していたのです。
親が卵を食べてしまう。稚魚を食べてしまう。
体着し、親から離してみたら、大量に☆になってしまう。
いろいろあって、ようやく上手いこといきつつあります。

生後45日目(体長1.0-2.5cm):ブラインシュリンプをむさぼる風景


ところで、本題:稚魚の育成温度です。
30℃以上が良い、成長が早いと良く聞きますが本当は何度がベストなのか?

Juhani et al., 2012によると、28.8℃が最も成長が速い温度ということです。
同じ親からとった生後2週間の稚魚14匹ずつのグループをそれぞれ25、27.5、29、30.5、33℃の温度で38日間育成し、その期間の体重を測るという研究です。
温度vs体重増加率の近似曲線を作成すると、28.8℃が頂点の曲線になるという。
ちなみに25℃と31℃の成長率はほとんど同じ。

我が家は29℃設定で育成中です。

Juhani Pihonen, Sari Aaltonen & Henna Jarvenpaa (2012) Growth of domesticated discus Symphysodon sp. at constant temperatures. Aquaculture Research, 2012, 1-4


ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                  にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。