FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水器

年末、水替えの秘密兵器を導入しました。

これまでは、家庭用浄水器を通した水をポリタンクに汲んで水槽に注いでいました。
(過去記事 水替えのやり方
かつては若魚水槽2本だけだったので、この方法で十分でした。
しかし、2腹分の稚魚をキープするために、これでは労力と時間がかかりすぎます。
さらに、我が家の家庭用浄水器フィルターは1,500L分の水を通すとほぼ限界をむかえます。
(フィルターが詰まってきます)
フィルター1本3,000円で、財布にやさしくありません。

稚魚水槽1本、1日でこれくらいのフンがでます。
(お食事中の方には大変申し訳ありません。)
稚魚の60cmワイド水槽1本につき毎日50-70Lの水を交換します。
DSC03785s.jpg

そこで、マーフィードのスタンダードネオを導入しました。
左フィルターがコットン、右フィルターが炭素だそうです。
まず、左で大きなゴミをキャッチ、右で塩素など水に溶け込んでいる物質をキャッチします。
説明書によれば、30-50kLの水を通せるとのこと。これは財布にやさしい。
ホース以外はすべて付属しております。
フィルター側ジョイント部とホースの内径がギリギリではめこむのに苦労しました。
(手が滑って、左手親指の爪をはがすほど苦労しました・・・)
DSC03737s.jpg

水道側です。内径25mmのホースを用い、蛇口にはタカギのジョイントパーツを使いました。
L字ジョイントです。
DSC03735s.jpg

水槽へ注ぐ側です。ホースリールとつなぎました。
タカギのオーロラNANOコンパクト 10mです。ワンタッチジョイント付で、簡単に着脱可能です。
DSC03743s.jpg

そして、注入部。
レバーを押し込むと注入開始。もう一度押し込むと止まります。
使い勝手は良好です。
DSC03740s.jpg

問題は、フィルター交換タイミングを如何に計るかです。
1日150L交換するとして、200日もちます。
フィルターに使用開始日メモを貼り付けました。200日後に交換しようと思います。


ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。