FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーマックス×ブルーマックス若魚

ブルーマックス×ブルーマックスの若魚。生後10か月ほど。

本当は写真のオス親を使いたかったのですが、受精しませんでした。
次善策として、前記事のピオワルロート×ブルーマックスと同じオスを使いました。
実はこの組み合わせは問題がありで、弱い個体が多数出てしまいました。
結果、かわいそうでしたが相当数を間引かねばなりませんでした。
残した個体は4匹です。

雰囲気は親魚やその兄弟魚にそっくりです。
濃い青を発色しそうな個体もおり、体型も良さそうなものがいます。
しかし、体質的に弱い要素を持っている可能性があります。
明らかに親魚の世代より弱くなっています。
将来の繁殖に使うかどうかは未定。

オス親候補だった個体。艶のある色彩と大きく伸びたヒレをもった個体です。
何度か繁殖を試みたもののすべて未授精。
生殖能力がないと判断し、繁殖に使うことを断念しました。
DSC04291s.jpg

メス親。小ぶりだが、額が出っぱり気味で、体型も良い。
DSC04284s.jpg
地肌の赤みが強く、濃い青が発色しそうな個体。
DSC04980s.jpg
頑強で良く成長している個体。体長8cm。
DSC04276s.jpg
こんなに強く青を発色している個体も!
と言えれば良いのですが、これはアクマのロイヤルモルフォです。
さすがはプロの個体。ひときわ小さい個体を選びましたが、強健です。
将来はどんな青を発色するのか、期待の個体です。
DSC04279s.jpg

ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。