スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆虫2

ディスカスから出た寄生虫を観察しました。
節からなるその形体より裂頭条虫の一種に間違いありません。

真田紐に似ることで有名なサナダムシは裂頭条虫の一種です。
成長ステージで、宿主を変える虫です。
まずミジンコに寄生し、次に、ミジンコを食べたマスに付きます。
マスでは筋肉に寄生。
最後に人間に食べられて、小腸にて成虫になります。
頭節で腸壁にくっつき、節を増やしながら大きくなります。
末端の節から成熟し、無数の卵をばらまきます。
この卵をミジンコが食べ、寄生のサイクルが回ります。

さて、うちのディスカスからはこの裂頭条虫の小型版がでたわけですが、不思議に思うのが、こいつの感染経路です。

前記事で小さい虫の写真を載せましたが、あれは同じ虫の小さいやつです。
最近、感染したとしか思えません。
一体、どこから感染したのか?

餌は、人工飼料、冷凍アカムシ、冷凍ハンバーグのみ。
人工飼料に寄生虫が入っているわけありませんし、冷凍餌中では死んでいます。
もしかすると、最近、飼い始めた魚が寄生虫を持っていて、水槽内でサイクルが回ったのでしょうか?

たまに水槽内にわく節足動物が中間宿主になったのか?
それとも卵から直接ディスカスに感染して成体になったのか?

謎です・・・。
もしかすると皆さんのディスカスにも大量の条虫が・・・。

10cmほどの虫。卵は持っていない。
IMG_1975s.jpg

頭節。ここで腸壁にくっつきます。
IMG_1973s.jpg

大きい虫。頭節と尻側の末端が切れています。長さ10cmほど。
IMG_1976s.jpg

前写真の虫を拡大。黄色く見えるのが卵です。
IMG_1977s.jpg

節の一つをほぐして顕微鏡下で写真を撮りました。無数の卵が見えます。
これはヤバい・・・。黒バーは100μm。
Discus para-0007 - Copyss

冷凍ディスカスハンバーグはランキングに参加中です!
ランキングへは下のリンクからどうぞ!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村
みなさまの応援が冷凍ディスカスハンバーグのモチベーションに!!

冷凍ディスカスハンバーグ | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。