スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規導入魚 ブルークレスト×ワットレイ第三系統

本日、ふらりとアクマに立ち寄ったところ新しい魚を目にしました。
ブルークレスト×ワットレイ第三系統
生後3か月ながら高いポテンシャルを感じ、導入決定。
取り置きしている魚を売ってくれと言ってみたところ、やんわり断られてしまいました。
(しつこく2度訊きました)
本当は3匹くらい導入したかったのですが、水槽が過密なので1匹のみ。

導入直後から元気いっぱいです。まだ生後3か月なのにええ体してます。体長5cm。
DSC04416s.jpg
DSC04408s.jpg

導入2か月後のロイヤルモルフォ。青色も濃くなり、大きくなりました。
生後5~6か月です。
写真を撮ろうとすると奥に行ってしまいます。どうもカメラが嫌いなようです。
DSC04420s.jpg
ちなみに店の兄弟魚は更に一回り大きく育っていました。
アクマの魚の管理状態は素晴らしい。
私も1日当たりの餌の量をもっと増やせないかと思案しています。

冷凍ディスカスハンバーグはランキングに参加中です!
下のリンクからランクを見て行ってください!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村
みなさまの応援が冷凍ディスカスハンバーグのモチベーションに!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ピオワルロート 色・模様の変化

ピオワルロート×ブルーマックスの繁殖に使った雌ピオワルロートの購入直後からの変化をまとめます。
体長は飼育開始当時で13cmくらい。2年後の現在、16cmほどに成長しました。
その間、体色・模様に変化がありました。
この変化が飼育環境(餌、水)によるのか、年齢的な変化(成長)なのか、ほかの原因があるのか、解りません。

しかしながら、購入当初の鮮やかな青・濃い赤茶色のストライブも良かったし、現在のワイルドディスカスっぽい風貌も気に入っています。

2011年9月。奥が繁殖に使った個体。体長13㎝。購入直後から発情が見られました。年齢は1.5歳くらいと予想。
赤茶色と言って良いくらいの濃い赤と青のストライブが印象的でした。
手前は、同時に購入した個体。直線的なストライブがすばらしい。体長はやはり13cmくらい。
DSC02200s.jpg
2011年11月。体の中央部、腹部の回りの色が黄色みを帯びてきました。赤も青も淡くなったようです。
特に顔面の色を比べると、色が淡くなっているのが良くわかります。
DSC02251s.jpg
2012年1月。体中央部の赤が薄らぎ、黄色く変わってきました。青ストライブもだいぶ薄くなっています。
全体的に、地肌が濃い赤茶から朱色に変わってきました。
DSC03458s.jpg
2012年9月。体の中央部の青ストライブが消えかけるほど薄くなりました。地肌の黄色、朱色は変化なし。
DSC03633s.jpg
2013年3月。中央部の青ストライブが消えました。地肌の黄色、朱色は変化なし。
まるでワイルドディスカスのようです。
DSC03799s.jpg
2013年9月。3.5歳。青ストライブは多少濃くなったり薄くなったりします。体調に影響されているようです。
地肌の黄色、朱色は変化なし。発情しています。
一緒に飼い始めたもう一匹のピオワルロートは9月はじめに★になりました。
飼育当初の状態からほぼ発育せず体長は13cmのままでした。また一度も発情しませんでした。
体色は淡くなり、朱色化しましたが、ストライブ模様に変化はありませんでした。
飼育当初、2~3歳くらいで、享年5~6歳くらいだったと予想します。
気に入った個体だったから残念ですが、食が細くなって目も良く見えてないようになっていて、寿命だったかな、と思っています。
DSC04288s.jpg

ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

改良ディスカスの品種名

2013年がはじまりました。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。昨年より少しマメに更新しようと思っております。

さて、2013年の一発目は改良ディスカス、品種名についての雑感を書きたく思います。
結論から言うと、既存の品種名はセンスが良い名前です。
自家産の血統には、既存の品種名に冠名をつけた名前にしようと思います。

ディスカス品種の命名は、固定度合等に明確なルールがあるわけではありません。
しかしながら、むやみやたらに新しい名前を付けてしまってはわけが分からなくなります。
そこで、既存の品種で同様の形質のものがあるならば、冠名を付すような命名がスマートと思います。
例えば、伝説と化した血統ですが、マツカワヤターコイズ。
これは、ターコイズにマツカワヤの冠名を付したものです。
このようなベースとなる品種の一部を書き出してみると、

ターコイズ
トルコ石のことです。青~緑の不透明な石です。
緑がかかった青系ディスカスのイメージです。
改良ディスカスの代名詞として使われる場合もあります。最も古くからのある名前です。

レッドターコイズ
ドイツ語でロートターキス。
名前の通りならば赤いトルコ石ですが、この名は青と赤のストライブを指します。
ピオワルスキーレッドターコイズが有名です。
メリハリの利いた赤と青の色調。ストライブの本数の多さと真っ直ぐに流れる具合。
ピオワルロートは最高峰クオリティのレッドターコイズと思います。

ブルーダイヤモンド
薄く透明感ある青い色調のダイヤモンド。希少性が高く、天然ものは非常に高価です。
ディスカスのブルーダイヤモンドもまさにこの色調にあてはまります(価格はさておき)。

ピジョンブラッド
ミャンマー モゴックで産出するルビーは高品質です。その中でも最高品質の色調がピジョンブラッドです。
混じり気のない赤いルビーに冠する名です。
ディスカスのピジョンブラッドはちょっと違う色調、品質です。

コバルト
真っ青な蛍光色を連想しますが、単体コバルトは実は銀色の金属です。
ケイ酸などの結晶に混じってはじめてコバルトブルーを発色します。
鮮やかな青い色調のディスカスにふさわしい名前です。

モルフォ
南米に生息するチョウです。その羽は青い金属光沢を帯びます。
その名からギラギラした青い輝きをイメージします。
日本で作出された伝説の品種です。

セルーリア
セルリアンブルー Cerulean blueを意味する名と認識しています。
緑かかった明るい青です。ターコイズと似た色です。
Jack Wattley氏が作出した伝説の品種です。

レッドダイヤモンド
実はレッドダイヤモンドは存在しません。代わりにピンクダイヤモンドが存在します。
ピンクダイヤモンドはブルーダイヤモンドと同様に希少な宝石です。
淡いピンク色を帯びた色調のダイヤモンドです。
この名で流通しているディスカスは、2タイプ見られるようです。
本数が多めのストライブ系、または、スポット系がそれです。

ブルーマックス
Maximumに青い、という意の名前と解します。
発情時には見事な青を呈します。

ブルーベリー
Blueberryではなく、Blue veryだそうです。
漢字で書くと、蒼甚(甚だ青い)。とても青いディスカスなのだ、と解します。
良いセンスです。

こうして見ると、どの名前もセンスが良い。
既存の模様・色彩をマイナーチェンジして系統を作出するのならば、上記の名前がそのままあてはめられそうです。
私が命名するならば、冠名Zenraを用いて、Zenraレッドターコイズ、Zenraコバルトという感じです。

ところで、ここで問題は各品種の定義、特徴だと思います。実はこれがあまり明確ではない。
この点はあまり考えがまとまっておらず、別の機会に書きたく、今回はこのあたりで終了します。

写真は我が家のピオワルロート3連発です。
DSC03525s.jpg
DSC03521s.jpg
DSC03639s.jpg


ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

理想のディスカス

前回の日記のJuhani氏について、経歴を調べたところ、とてつもない魚マニアでした。
フィンランドの研究者で、食用魚から観賞魚まで恐ろしい数の著作論文があります。
そして趣味は釣りだという。
魚の麻酔に精通してるとのことで、麻酔に関して数本発表しています。
ディスカスの麻酔について簡潔な記載がありました。

  クローブオイル:エタノール=1:9 にディスカスをドブ漬けする!

どなたか試された方はおられますか?


ところで、下記写真、Brand New ディスカス(マリン企画)62ページ目のマツカワヤターコイズです。
これがイイ!
圧倒的な存在感です。レッドターコイズ、スポットも好みですが、この写真の個体が私の好みど真ん中です。

DSC03477ss.jpg

ディスカス飼育開始当初、このような個体の子を探しました。が、いまだに見つかりません。
マツカワヤさんは何年も前に閉店していますし、マツカワヤターコイズの血を引く魚もほとんど市場に出回りません。
もはや自分で作り上げるしか方法はなかろうと思います。
実は繁殖をやり始めた目的がコレなのです。

作成にあたり、特徴となる表現型、すなわち選択のポイントを以下、考えています。

1.♂個体の額の隆起
2.口からspinous dorsal fin前端までの角度(口から尾鰭基部のラインからの)が高い。写真個体は70度くらい。
3.全体の形状が円(鰭を含めて、前後幅:上下幅=1:1)
4.ハイボディ(前後幅:上下幅=15:13)
5.尻鰭の上下がsoft dorsal fin、anal finに当たるほど大きく広がる。尻鰭後端は弧を描く
6.青い体色。グリーンや白色に寄らないコバルトブルーカラー
7.ベタ青か虫食い模様の地肌カラーが見える
8.赤目


以上が必須項目。以下はあったらなお良いポイント。

9.pelvic finが伸長
10.soft dorsal fin後端が後方に伸長


現在、体色については、混ぜたら濃い青になりそうな個体同士の交配を試しています。
一方、体型の遺伝の仕方は想像がつきません。
ある系統とある系統の掛け合わせで写真の体型(特に額の隆起)が得られる、などの情報ありましたらご教示ください。


ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
                 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

ディスカス群れ社会

ディスカスの群れ社会についてです。

うちの8匹を見て、群れの中の地位を考えてみました。
会社に例えて、

社長 1番大きな強い個体。むやみに平社員をイジメない。余裕がある。
幹部 2匹。下の個体をイジメまくる。社長には手を出さない。
中間管理職 3匹。たまにイジメたりイジメられたり。基本は我関せず。
平社員 2匹。叩かれ続けるがめげない。

ディスカスは魚のくせに人間くさいです。
力関係は体の大きさがファクターですが、持って生まれた性格も大事みたいです。
というのは、平社員のうちの一匹は2番目に大きいからです。
ディスカスの性格については、そのうち書きたいと思います。

さて、実は、つい先ほど水槽の社長とナンバー2(副社長)の決戦が勃発しました。
前哨戦として、副社長が他の個体をいつも以上につつきまくってました。

気付いたときには、社長と副社長、顔をつき合わせて激しいつつき合!
ナンバー2が3、4回突いて、社長が額で受ける。攻守交代。今度は社長がつつく。
ラリーを4回繰り返した後、副社長が尻尾を向けました。それを社長が追撃。
やはり社長は強かった!
副社長は下剋上失敗、しょぼーん。
これに懲りて大人しくなってくれると良いのですが。

そして決闘の間、他の個体はというと、なんと遠巻きに見守って?ました。
周囲に人垣ならぬ魚垣ができて、さながら決戦場。
近寄る個体がゼロでした。
まさか空気を読んだのでしょうか?

うちの社長
DSC01966s.jpg

下剋上失敗くん

DSC01964s.jpg

ちなみに彼らは同腹の兄弟です。


ランキング参加中!冷凍ディスカスハンバーグのランクを見て行ってください!
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

ads by Amazon.co.jp
プロフィール

Zenra

Author:Zenra
ディスカスを飼育・繁殖させています。CBのみ飼育中。顔つき、体つきにこだわってます。カラー、模様は幅広ーくストライクゾーン。
ブログではディスカスの飼育・繁殖状況、論文紹介、ディスカスよもやま話をつづります。
理系の博士。数年前に研究から引退。かつての専門は分子遺伝学、解剖学と神経生理学。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
amazon.co.jp
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。